AGA等の薄毛は病院で改善~頭皮トラブルはD’rへSOS~

Men

AGA治療は病院で

AGAの治療費用

薄毛

AGA治療を医療機関で行う場合の費用は全額自己負担です。AGA治療をする場合、初回は初診料、血液検査料、薬剤費などの費用が必要になります。初診料は3千円、血液検査料は4千円、薬剤費は8千円程が目安です。 専門的な医療機関になるほど入念に検査を行うので費用が高くなります。頭皮の写真撮影、マイクロスコープを使っての頭皮のチェック、頭皮専門医による視診・触診などがあると、検査料だけで1万円近くします。また、毛髪ミネラル検査や遺伝子検査などもプラスするとさらに費用が高額になります。 基本的に専門的な医療機関よりも一般病院のほうが安く治療できます。一般病院は初期的なAGAの人や将来AGAになるのを予防したい人などにお勧めです。

効果的な薄毛治療

男性型脱毛症いわゆるAGAは、頭頂部や前頭部の髪の毛が抜けて薄くなることを言います。AGAは男性ホルモンの働きが主な原因となって起こります。男性だけではなく女性でもなる症状で、女性は男性と違って髪の毛全体が薄くなってきたり、髪の毛のコシがなくなってきたりします。 AGA治療で主に使用されているプロペシアには、「ジヒドロテストステロン」という薄毛になる原因物質をシャットダウンする働きがあり、男性ホルモンによっておこるAGAを予防・改善する効果があります。プロペシアは5年間の臨床実験の結果、9割以上の人にAGA改善の効果が見られたというデータがあります。プロペシアはほとんどのAGA治療をしている病院に行けば手に入ります。