AGA等の薄毛は病院で改善~頭皮トラブルはD’rへSOS~

Men

話題となっている脱毛症

AGAの歴史について

薄毛

最近耳にする機会も増えたのが、AGAという言葉で、その意味は男性型脱毛症です。 思春期を過ぎた男性が、額の生え際や頭頂部が薄くなったりすることで、成人男性では誰もが恐怖を感じている症状です。 男性なら、薄毛や抜け毛というのは、永遠の悩みの種でもあるのです。 世界的に見ても、薄毛の歴史というのは古くからあり、なんと5000年以上も前から存在していたのがわかっています。 また、カツラは3000年ほど前から存在が確認されており、いかに昔の人が薄毛に対して気にしていたのかがうかがえます。 日本では、大手カツラメーカーがかつらを開発し、その後に人工毛植毛が世間を驚かせたのは、つい最近の出来事です。 そして、現在は病院で投薬治療によって、自毛植毛になってきているのです。

特徴と原因について

AGAは、日本全国で1260万人以上いることがわかっており、その中で何かかしらのケアを行っているのは、半分ほどの人しかいないのが現状です。 しかし、AGAというのは進行するので、そのまま放置しておくと、髪の毛がますます薄くなってしまうのです。 AGAの原因として、ジヒドロテストストロンという物質があります。 これは、ヘアサイクルを短くしてしまうと考えられている物質で、これにより、成長期が短くなってしまい、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。 髪の毛が十分に育つことなく、薄く細い毛だと、髪全体の量が減ったように見えてしまうのです。 しかし、AGAは薄毛にはなってしまっても、うぶ毛はまだ残っているので、諦めてしまう必要はないのです。 今では、AGAを治療している病院やクリニックが数多く存在します。 だからこそ、数ある病院の中で、自分に合った信頼できる病院を探す必要があるのです。